せどりで大きく稼ぎたい 考えてみるべき効率化の方法

せどりで大きく稼ぐためは工夫が必要になります。自分で仕入れて自分で発送してというやり方では小遣い程度は稼ぐ事はできても、大きく稼ぐ事はできません。ここではせどりで稼ぐために考えてみたい効率化について見ていきましょう。

【せどりで大きく稼ぐための効率化】
せどりは労働量に応じて売り上げが伸びるビジネスでもあります。つまりはたくさん動かないとお金を儲ける事はできません。しかし、動ける時間は1日の内で限りがありますから、効率化しないといけません。では、具体的にどのような事ができるでしょうか。

・発送はFBAを利用する
アマゾンを利用して商品を売っている人におすすめなのが、FBAの利用です。FBAサービスを利用する事で商品の発送作業やお客さんからの返品やクレームなどにも対応してもらえます。

商品の梱包や発送、クレームの処理などは大変な労力と時間がかかりますから、効率的という事ができます。

・出品登録を人に任せる
仕入れた商品を売るためにはアマゾンを通して登録しないといけません。しかし、出品登録作業は大変な労力を使います。登録作業はアルバイトを雇い任せるという事もできます。

・価格改定はツールを導入する
売りに出している商品の相場は常に動いています。たくさんの人が同じ商品を売りに出した場合、価値が下がり商品価格が落ちる傾向あります。他のお店が安く売りだしているにも関わらずに自分のお店だけ価格が高いままでは、お客さんは安い商品に移り離れてしまう事も多いです。

周りのお店が商品の値下げに踏み出したら自分も価格改定をしないと売れてくれません。しかし、出品している商品数が多い時には、1つ1つ価格改定していてはいくら時間があっても足りません。

そこで役立つのが価格改定ツールです。ツールで価格改定の設定をすれば一気に全ての商品の売り出し価格を変更できる優れものです。例えばプライスターなどは有名です。

・仕入れはアルバイトに任せる
せどりで時間が一番かかる事に仕入れがあります。仕入れる場所までの交通時間、仕入れる時間などがバカになりません。そこで仕入れをする人を雇うという方法があります。成果報酬型にするのが一般的です。歩合制にして1商品当たりでいくらというように決めてもいいでしょう。

売り上げが伸びてくれば、またもう一人雇ってさらに規模を大きくしていけばいいです。

【まとめ】
せどりは労働時間に比例して売り上げが伸びるビジネスです。しかし、1日の時間は限られていますから、効率化して稼げる仕組みを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です